Soccer Hack Blog -サッカーハック- TOP  >  スポンサー広告 >  サッカー日本代表  >  小野伸二 >  今さらだが小野伸二に対する海外からの評価が素晴らしすぎる!

スポンサーサイト

   [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク




シェアをしていただけると嬉しいです!



ツイッター&RSSで更新情報を配信しています。


follow us in feedly



スポンサーリンク




今さらだが小野伸二に対する海外からの評価が素晴らしすぎる!

小野


元日本代表選手で現在はオーストラリアのウェスタン・シドニー・ワンダラーズFCに所属している天才ミッドフィルダー小野伸二について海外からの主な評価について調べてみました。


スポンサーリンク



評価一覧


「これまで対戦した中でも、最もタフな相手の一人。彼が日本人だからとか、あなたを喜ばせようとしてそう言っているんじゃないんだ。」
オランダ代表ヴェスレイ・スナイデル(ガラタサライ所属)



「小野は天才。オランダ代表の練習で小野より上手い選手はいなかった。」
オランダ代表ファン・ペルシー(マンチェスター・ユナイテッド)




「セードルフを見た時より、小野に会った時の方が衝撃を受けた。」
オランダ代表ディルク・カイト



「彼のお陰で、サッカーばかりでなく、人生に対する考え方が変わった」
元デンマーク代表トマソン



「今の日本代表に第2の小野伸二はいない」、「シンジは今まで一緒に働いた中で、一番良いプレーヤーだった。日本に戻って、また活躍してくれていると聞いてうれしいよ」
ファン・マルワイク監督
フェイエノールト時代の恩師であり、南アフリカW杯で日本と対戦したオランダ代表監督



「彼との対戦はエキサイティング」
デル・ピエロ



「クラブで一緒にプレーした中でも最高の選手の内の1人が凄いゴールを決めたよ」
元オランダ代表フォンホーイドンク



天才たる所以


・13歳でU-16日本代表に初選出

・第6回U-16アジアユース選手権で優勝

・アジアユース選手権で準優勝&MVP

・18歳で日本代表に選出&ワールドカップ出場

・プロ1年目にしてJリーグ新人王、Jリーグベストイレブン

・FIFAワールドユース準優勝に貢献。ベストイレブンにも選出

・フェイエノールトでは中心選手としてUEFAカップ優勝

・FIFAワールドカップ(W杯)に3度出場

・2002年度のアジア年間最優秀選手賞




その他エピソード


2002年日韓W杯前のこと。


ファンペルシーはフェイエノールト(オランダ)ユースからトップチームに昇格。18歳でU―21オランダ代表に選出され、将来を嘱望されるストライカーだった。


ところが…誰もが認める才能を持ちながら若手選手にありがちな“テング”になってしまう。


夜遊びが過ぎ、練習やミーティングに遅刻。また自身の起用法をめぐり、コーチ陣や先輩イレブンと衝突した。さらにはチーム内の不満を外部へ漏らすなど、過激な言動を繰り返す問題児でもあった。


当時のベルト・ファンマルバイク監督もBチームへ降格させるなど、悪童への対応に苦慮。そんななか、更生に乗り出したのはフェイエノールトで大活躍していた小野だった。


当時の小野はオランダでもっとも有名な外国人として知られた。ドイツやイングランドへの移籍話が絶えないほどの注目株。22歳ながらチームの中心で、キャプテンマークを巻くこともあった。


ファンペルシーは年齢が近く、人格者だった小野の言葉には素直に耳を傾けた。その結果、改心してスターへの階段を駆け上がった。


小野はオランダ時代に「スピードもテクニックもあるし、すばらしい選手。指導した? まだヤンチャですけどね。ロッカーでは相変わらず暴れてますし…」
と話しており、ファンペルシーもアーセナル時代に「シンジは、オランダ代表の誰よりもうまかった」と尊敬の念を口している。


 ファンペルシーは04年アーセナル(イングランド)に移籍。今季から移ったマンチェスター・ユナイテッドではエースと呼ばれる活躍で、世界屈指のストライカーと認知されるようになった。これもオランダ時代に指導を受けた小野のおかげなのだ。

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/81573/






シェアをしていただけると嬉しいです!



ツイッター&RSSで更新情報を配信しています。


follow us in feedly



関連記事

スポンサーリンク




エールディビジで、小野が怪我がちになってきた頃、その頃フィールドで汚れ役で補佐していたボスフェルトももうおらず、トマソンもファンホーイドンクも移籍してチームは若返り始めていた。

カイトがユトレヒトから移籍金100万ユーロでフェイエノールトに入団し、その頃は点取り屋で、ディフェンスはそこそこ(後に疲れ知らずで追い回すようになるが)だったが、パス交換で崩す感じではなかった。小野がピークの状態でのシーズン最後となった2003ー2004シーズンで、この時にカイトにほぼダイレクト(ワンタッチ)でパスを出していて、これまでクロスやスルーパスに走り込むのがほとんどのカイトがワンタッチを上手くないながらも行うようになりシーズン中盤では完全になれた。そこからMFと絡みながらもシンプルで効果的なパス交換が出来るようになった記憶がある。試合も録画が残っているが、一方ファン・ペルシーはいつもボールをスパイクで強く踏みつけてボールキープし、パスを周囲に出さずサイドで強引にドリブル突破を図ろうとしては潰されていた。
[ 2015/10/31 23:58 ] [ 編集 ]
通りすがり
世の中にはリップサービスというものがあってな
それにたらればを言い出せばきりがない
[ 2015/12/19 07:20 ] [ 編集 ]
小野伸二は高句陽一郎に似てる。高句は片腕骨折しギブス固定しながら試合に出る。
最後はヘディングにカーブ回転をかけてゴールゲットする。その華麗さに両者はダブル。
[ 2016/04/11 14:09 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/03/23 20:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。