スポンサーサイト

   [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




人生で壁にぶち当たったときに、前へ進めるだろう本田圭佑の名言がすごい!!

本田圭佑2


サッカー日本代表の大エース「本田圭佑」。

ビックマウスで有名な本田ですが、その発する言葉は名言として有名なものがたくさんありますよね。


その名言の中から

もしあなたが仕事、恋愛、スポーツなどで大きな壁にぶち当って悩んでいたり、これからの人生において迷ったとき」に

前へ進むことができるであろう本田圭佑の名言を厳選しました。




続きを読む

スポンサーサイト



今さらだが本田圭佑の卒業文集がおもしろいほどに凄すぎる!

本田圭佑文集

「将来の夢」 本田圭佑

ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。
だから、今、ぼくはガンバッている。
今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。
そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。
Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。
そしてレギュラーになって10番で活躍します。
一年間の給料は40億円はほしいです。
プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。
一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。
セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。
ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。
この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。





小学生の文集でここまで書いてしまう本田圭佑

私が小学生の頃は、なんていうかただ漠然と「大金持ちになる」とか「パイロットになる」とかそういうのばっかりだったような気がする。

せいぜい「Jリーガーになりたい!」とか「プロサッカー選手になりたい!」っていう人はいたかもしれない。

この本田圭佑の文集のように書いてしまうと、「なれるわけねぇじゃん」などと冷やかされる可能性があるため、普通はここまでは書けないだろう。

書けるやつは、ただ何も考えていないか、普通じゃないヤツだろう。
本田圭佑はやはり普通じゃなかったみたいだ。

まだ名古屋グランパスにいた頃、初めて本田圭佑のプレーを見たときから、コイツは将来日本代表になるかもしれない!という期待が感じられた。

それは技術ももちろんそうだが、テレビで見ていてもわかるほど他とは違う負けん気の強さがそう思わせたのだろう。

今の本田圭佑の強さはきっと、小さい頃からずっとブレずにやってきたのだろう。そう感じた卒業文集だった。小学生からこここまで言い切る本田圭佑はおもしろいほどに凄すぎる!


関連記事
本田がビッグクラブへ移籍し、活躍してくれることを信じて疑わない。
サッカー日本代表の市場価値をランキング形式で並べたらこうなった





本田がビッグクラブへ移籍し、活躍してくれることを信じて疑わない。

サッカーのロシアリーグ・CSKAモスクワの日本代表MF本田圭佑(27)の獲得に向け、セリエA・ACミランが4年契約、年俸250万ユーロ(3億1750万円)という“破格オファー”を準備していることが27日、分かった。27日付のイタリア紙コリエレ・デロ・スポルトは1面で「ミラン、本田の4年契約は用意できている」と大々的に報じた。


250万ユーロは手取り額で、日本式の税込み表記なら6億円を超える。成績に応じ最大300万ユーロ(約3億8100万円)に増額されるという。欧州の日本選手の年俸トップはマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)のMF香川真司で300万ポンド(約4億5000万円)。これに次ぐ額で、現在のほぼ2倍となる。31歳までの長期契約も異例で、ミラン側の大きな期待と交渉成立への強い意欲を感じさせる条件といえる。

 さらに、ミランのガリアーニCEO(最高経営責任者)も27日に、初めて公の場で本田獲得の動きに言及した。地元メディアに「まだ契約の事実はない。今後どうなるか見ていきましょう」としたが、本田の兄で代理人の弘幸氏らとの接触も否定せず。本田獲得への動きが公然の事実になった形だ。


一方で「誰かを売らなければ誰も買わない」とも明かした。関係者によると、現時点でミランが提示できる移籍金は200万ユーロ(約2億5400万円)が限度。ガーナ代表MFボアテング、元ブラジル代表FWロビーニョらの売却が、本田獲得の条件になる見通しだ。

 また、ミランが本田とともに獲得を狙う元ブラジル代表MFカカ(31)=レアル・マドリード=はミラン時代の恩師、アンチェロッティ氏がレアルの新監督就任会見で戦力と考えていることを明言。残留が有力になった。ガゼッタ・デロ・スポルト紙は1面で「ガリアーニ(ミランCEO)、本田に集中。カカは遠ざかる」の見出しを打ち、「背番号10(トップ下)を探すミランは、本田に飛びつくかも」と伝えた。

-サンスポ-


この報道が本当なら、ポジティブに移籍が進んでいると伺える。CSKAとの契約も残り半年のため今夏の本田の移籍もそんなに難しい移籍ではないのではないかと思う。

それに、CSKAが提示していた移籍金(違約金)が、これまでの1500万ユーロ(約19億3500万円)から、700万ユーロ(約9億300万円)まで引き下げる意向であるとの報道も出ている。

今年で27歳とサッカー選手としては若くないために、ビッグクラブへ移籍するなら最後のチャンスになるではないだろうか。

私は本田がビッグクラブへ移籍し、活躍してくれることを信じて疑わない。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。