スポンサーサイト

   [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




サッカー における「ビッグクラブ」についてまとめてみた

ビッククラブ


ビッグクラブ




サッカー・欧州チャンピオンズリーグ2012-13を制したバイエルン・ミュンヘンがマンチェスター・ユナイテッドを抜いて世界最高のブランド力を持つクラブになったみたいなので「ビッグクラブ」についてまとめてみました。


続きを読む

スポンサーサイト



そもそもサッカーブルガリア代表って強いの?

サッカーブルガリア代表って強いのか調べてみた



明治ブルガリアヨーグルト




実は日本代表は1度も勝ったことがない
過去4戦やって1分3敗と勝利したことがないのだ


かつてはあのバルセロナやマンチェスター・ユナイデットで活躍した選手がいたブルガリア代表だが現在の代表はどうなんだろうか。

そもそもサッカーブルガリア代表って強いのだろうか


■1.ブルガリア代表をまとめてみた



●FIFAランキング52位
※日本代表のFIFAランキングは30位


●ワールドカップ出場回数7回
※1998年フランスワールドカップ以降は出ていない


●ワールドカップ最高成績4位
※1994年アメリカワールドカップ


●2012年5月にオランダ代表に2-1で勝利している
※オランダのFIFAランキングは9位


●2012年9月にイタリア代表に2-2で引き分けている
※イタリアのFIFAランキングは8位




■2.Jリーグで活躍した選手がいた



名前:ストイチコフ(当時柏レイソル所属)


●全盛期はあのバルセロナに所属し、リーグ戦175試合に出場し83得点を記録


●メッシが4年連続選ばれているバロンドールに1994年に受賞


●アメリカワールドカップで得点王


●100m走でブルガリアのチャンピオンとなった経験を持つ
※これは関係ないですね(笑)




■3.Jリーグで活躍した選手が日本を気に入り現在は○○を経営しているらしい



名前:ストヤノフ(当時サンフレッチェ広島所属)


●引退後は広島でレストラン経営


●サッカー指導者としても活躍している




合わせて読みたい記事
日本代表vsブルガリア代表観戦が3倍楽しくなるポイント
http://take1616.blog.fc2.com/blog-entry-2.html



日本代表vsブルガリア代表観戦が3倍楽しくなるポイント

nihon vs brugaria


サッカー日本代表が6月4日にブラジルW杯アジア最終予選・オーストラリア戦(埼玉スタジアム)向けた
調整試合となる日本vsブルガリア(豊田スタジアム)が5月30日に行われる。


ポジションは4-2-3-1で、スタートはいつものメンバーなのは決まりだろう。

  
気になるのは本田不在のトップ下や今回初招集された新鮮力のFW工藤壮人とMF東慶悟のことではないだろうか。そのあたりも含め個人的な見どころをまとめてみた。





■1.トップ下は中村憲剛を起用か?もしくは香川真司か?


いつものメンバーと言ったが、本田圭佑がCSKAモスクワでの試合があるためにブルガリア戦に関しては出場が出来ないので本田のところ(トップ下)には中村憲剛の起用が妥当なところだろうか。

もしくは香川真司がトップ下に入り左に乾貴士という選択も考えられるが、是が非でもオーストラリア戦でブラジルW杯の出場を決めてしまいたい日本としては、ザックジャパンでトップ下での実績・安定感がある、憲剛を起用するのではないかと私は思う。

ただ、かのマンチェスター・ユナイデットの選手である香川真司が最も力を発揮出来るトップ下で起用しないのは違和感があり、サッカーファンが酒のつまみの話題に持って来いの議論ではあるがその話題に関しては今回触れないでおこう・・・


###本当は触れたいです(笑)、マンチェスター・ユナイデットでファン・ペルシーやチチャリートを
###抑えて、5月の月間MVPにも輝いているなど調子も良さそうですしね。


ドイツカップの決勝戦があるシュツットガルト岡崎慎司のポジションには清武弘嗣の先発出場はほぼ決まりだろう岡崎とはタイプの違う選手だが、もはや全くもって問題なくプレイをしてくれるはずだ。




■2.2人のFW+1


2人のFWだが前田遼一とハーフナー・マイクの2人だ。

今季Jリーグではわずか2得点の前田に比べ、方やフィテッセでサイドやトップ下で起用されながらもエールディビジで11得点と結果を出したハーフナー。この2人の起用にも注目は集まりつつあるのではないだろうか。

現在の調子や結果だけを見ればハーフナーの先発起用がいいのでは?とも思えるが、ザックジャパンでは2列目(4-2-3-1の3の部分)のタレントが本田・香川をはじめ豊富で得点を取れるプレイヤーが多い。2列目のタレントの多さは日本全体にも言えますね。


この2列目のタレントを活かせるようなポストプレイも求められ、そのあたりの活かし方は前田に分があるように思う。本来は得点力も高い選手ですし、ザックジャパンでの実績からいうとまだ前田の方がザックからの信頼は厚いのではないだろうか。

ブルガリア戦でのハーフナーは後半途中からの出場が濃厚だが調子が良いため得点やアピールは十分期待できそうだ。



「+1」については下記で紹介しよう。




■3.新戦力を試す(個人的に1番楽しみである)


固定しつつあるメンバーの中で今回新たに2人のメンバーが選ばれたFW工藤壮人とMF東慶悟だ。
2人の招集によってJリーグでプレーする若い選手のモチベーションが高まったのは間違いない。


kudou.jpg

柏レイソルの工藤は今回初招集であり23歳、現在得点ランク4位タイでリーグ戦12試合8得点とACLでも8試合で5得点と絶好調である。フィニッシュも多彩で、おそらくザックは工藤の決定力と今後の伸びしろに期待しているはずだ。

2試合でチャンスはおとずれる可能性は十分にあるので、代表に残れるかどうかはチャンスを物にするかどうかにかかっている。現時点で工藤が2人のFWに割って入るかどうかは未知数だがチームに溶けこみ、戦術を理解していけばブラジルW杯本線では大いに期待できる選手である。

ただ・・
工藤は29日には広島とのリーグ戦があり、代表合流が30日のブルガリア戦当日になってしまうため、過密日程の中での疲労や、連携に不安が残る。




hiashi.jpg

もう1人の新戦力である東慶悟は22歳。2012年ロンドン五輪代表の中心メンバーの一人で今季大宮アルディージャからFC東京に移籍し著しく成長した選手だ。今季得点は2点、攻撃的MFとして多くはないがチャンスに絡む回数が多い。ポジショニングと運動量に定評があり特筆すべきは非常に守備が献身的な点ではないだろうか。

ザック監督は「本田不在も考えて東の名前がある」とのことだが本田とはタイプが異なる選手なので起用法にも注目したい。




■4.最後に今後即戦力としての期待選手は・・・


私個人的にはC大阪の柿谷、浦和の原口、去年のJリーグ新人王鹿島の柴崎あたりが、代表に選ばれて活躍している姿がみたいものだ。





【CL・決勝】ボルシア・ドルトムントvs.バイエルン・ミュンヘン

CL.jpg



さて、今日は待ちに待ったCLの決勝戦です
(スカパーに加入していないから試合は見れません。涙)


ロンドンのウェンブリー・スタジアムで、ドルトムントとバイエルンによるCL史上初となるドイツ勢同士の決勝戦が実現されます。



■バイエルン優勢か


地元ドイツでの下馬評では、
「勝つのはどちらか?」という質問に対してはバイエルンの方が優勢のようですが
「勝ってほしいのはどちらか?」という質問に対してはドルトムントに分があるようです

私、個人的にもそう思います

バイエルンメンバーだけ見ると最強です。
リーガでもプレミアでも優勝出来そうなメンツですよね。




■今期のバイエルン


今期のブンデスリーガでは、バイエルンが他の追随を許さず圧倒的な力の差を見せ付けて優勝し
来期には元バルセロナの監督であるジョゼップ・グアルディオラ監督の就任が決定していて
今期リーグ2位である、ドルトムントのエースで10番のマリオ・ゲッツェの移籍も決まっています。
しかもそのゲッツェはこの対決を前にケガをしたらしく試合に出ることが出来ないようなのです・・

そりゃあもうドルトムントファンは激怒ですね。
ゲッツェは下部組織出身ですしね。

そんなこんなで今期のバイエルンはブンデス史上でも最強チームの呼び声が高く
メンバーを見ても、好調のリベリー、ロッペン、ミュラー、シュバインシュタイガー、ノイアー、ラーム、トニクロース、マンジュキッチと挙げたらキリがないくらいの豪華メンバーが揃っていて、まさしく最強の名にふさわしいのではないかと思われます。

 総額年俸いくらだよ--;

(去年、宇佐美がこのチームにいたなんて・・「タカシ!オメデトタカシ!!」BYリベリー)





■一方のドルトムント


一方、ドルトムントは、知将クロップ監督のカリスマ的とも言える戦術や選手育成が大成功し
去年・一昨年とブンデスリーガ2連覇をしています。
大黒柱であった香川真司が今期からマンチェスターUに移籍してしまい、序盤は苦戦が強いられる試合があったもののCLのグリープリーグでは死のグループである、レアルマドリード、マンチェスターC、アヤックスを撃破し
見事1位でグリープリーグを突破しダークホースと言われながらも決勝まで勝ち進んできました。

メンバーはドイツ代表や各国の代表が多く、ゲッツェ(欠場が濃厚)、ロイス、フンメルス、レヴァンドフスキ、ギュンドガン、サヒンとタレントは揃うも、バイエルンのメンバーには少し見劣りしてしまうかもしれませんが、勢いがありますので期待してしまうのは当然ですね。

これに香川がいたら・・なんて思ってしまいすよね日本人なら。


来期以降のブンデスリーガを楽しむためにも、私はドルトムントに勝ってほしいです
実はドルトムントファンですからね笑

ゲッツェ・・、せめて決勝戦で見たかった。。



■こんなに書いておいて・・・


個人的に最も好きなリーグであるブンデスリーガ同士のCL決勝が見れないなんて悲しすぎます・・・

見れる皆さんは思いっきり楽しんでくださいね~!





※そもそもこのブログのカテゴリーは「パソコン」にしたはずなのに
 最初に書いた記事がサッカーになってしまいました。すいません。



当ブログについて

当ブログ管理人のtakeです。
いつも訪問し、拝読していただきありがとうございます。


主にサッカーの事を中心に好きな事を好きなように書いています。

基本的には

「あっ、そういえばあれってどういう意味だろう?」

「あれ?オーストラリア代表との対戦成績って勝ち越してたっけ?」

「ブルガリア代表?強いの?どうなの?」



など、自分で気になって調べたことをブログに書いています。




「おもしろ系」に関しては、暇なときにでも覗いてもらって暇潰しになってもらえればいいなぁと思って書いています。

情報元はほぼインターネットの情報なので信憑性に欠けるものが中にはあるかと思いますので

「へぇ~、そうなんだ」

「これうけるー」

「これはないでしょう、はは」


程度に、見てもらえればありがたいです。

通勤中、待ち時間、昼休み、寝る前など暇なときに見てもらえるなブログを目指してます。

また相互リンクを募集しております。

気軽に問い合わせてください。


ぜひブックマークをして暇なとき覗いてみてください。

ツイッターでも更新情報をつぶやいております。





■リンク・RSS
当ブログはリンクフリーです。
アダルト系や犯罪系の記事を扱っているサイト様は相互リンク・RSSをお断りさせてもらってます。



■免責事項
当ブログに掲載している記事、画像などの著作権・肖像権等はそれぞれの権利所有者の方に属します。
記事に問題がある箇所があれば確認次第対処いたしますので、各権利所有者ご本人様からご連絡下さい。
当ブログおよびリンク先のサイトを利用したことで発生した損害及びトラブルに関して、当ブログ管理人は一切の責任を負いません。


■プライバシーポリシー
当ブログでは、Google Adsense社の広告を配信しています。

このため広告配信プロセスの中でデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用しています(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません)。

もし第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。

詳しくはAdsense広告の公式プライバシーポリシーをご覧ください。

http://www.google.com/intl/ja/privacy.html








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。