Soccer Hack Blog -サッカーハック- TOP  >  スポンサー広告 >  サッカーおもしろ >  結局どちらがスゴイの?!サッカーの王様ペレVS神の子マラドーナ

スポンサーサイト

   [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク




シェアをしていただけると嬉しいです!



ツイッター&RSSで更新情報を配信しています。


follow us in feedly



スポンサーリンク




結局どちらがスゴイの?!サッカーの王様ペレVS神の子マラドーナ

ペレVSマラドーナ

素朴な疑問。ペレとマラドーナって一体どっちがすごいの?!



スポンサーリンク



結論から言うと、プレーした時代が異なるので、どちらがスゴイ・上手いというのは、一概に比較することは出来ない。


というのが、正しい回答なのはわかっております。


しかし!20世紀最優秀選手」などが存在する以上、こういった比較はなくならないと思うわけです。

そこで「得点」や「タイトル」というところから独自に比較してみようと思います。


まずは、2選手を紹介。


サッカーの王様ペレ


ペレ


元ブラジル代表のサッカー選手。愛称「王様」。15歳でデビューし、1955年〜1977年までプレーをした。

22年間で通算1363試合に出場し1281得点というとてつもない数字を記録した。





神の子マラドーナ


マラドーナ

元アルゼンチン代表のサッカー選手。愛称「ペルーサ」「神の子」。アルゼンチン・リーグ史上最年少の15歳11ヵ月でデビューし、1976年〜1997年までプレーをした。

「5人抜き」「神の手」ゴールを決め、天才として知られるが、問題児としても有名であった。




ペレとマラドーナを比較





ペレ

  • 試合数:669試合
  • ゴール:629得点
  • 1試合あたりの得点率:0.93得点
  • 国際Aマッチ:92試合出場



マラドーナ

  • 試合数:492試合
  • ゴール:258得点
  • 1試合あたりの得点率:0.52得点
  • 国際Aマッチ:91試合出場



得点は、通算1000ゴール以上決めたペレに軍配が上がりますね。




ワールドカップ成績


ペレ

  • 出場数:4回(1958,1962,1966,1970)
  • 優勝回数:3回
  • 1958年「優勝」
  • 1962年「優勝」
  • 1970年「優勝」



概要


ペレは1958年に17歳でワールドカップメンバーに招集されると、当時史上最年少でワールドカップを出場することとなった。準々決勝で初得点を記録すると、続く準決勝ではハットトリックを決めてみせた決勝でも2得点を決めて5-2で勝利。

全6得点を記録し、優勝へ大きく貢献。この大会から17歳にして「キング」という称号で呼ばれるようになった。

この大会でペレは「背番号10番」をつけていたことから、10番をエースナンバーと認識されるようになった。

1970年大会のメンバーはペレを筆頭にリベリーノ、ジェルソン、トスタン、ジャイルジーニョという豪華メンバーが揃い、後に英『ワールド・サッカー』誌から「史上グレーテストチーム」で1位に選ばれた。

※ブラジル代表はペレが去った後、24年間ワールドカップの優勝から遠ざかることになった。



マラドーナ

  • 出場数:4回(1982,1986,1990,1994)
  • 優勝回数:1回
  • 1986年「優勝」

概要


優勝した1986年大会、当時のアルゼンチン代表はメディアから「史上最弱」と言われていた。しかし大会が始まると、マラドーナを中心に躍動し、優勝までしてしまったのだ。

この大会でマラドーナは全14得点のうち5得点5アシストを記録し「最優秀選手賞(MVP)」選出され、「マラドーナのため」の大会と言われるようになった。



ワールドカップ優勝3回はとんでもない。さすが神様ペレ。しかし、1986年大会のマラドーナのための大会はすばらしい。



獲得タイトル


ペレ



代表

  • FIFAワールドカップ優勝 3回(1958年、1962年、1970年)

クラブ

  • サンパウロ州選手権優勝 10回(1958年、1960年、1961年、1962年、1964年、1965年、1967年、1968年、1969年、1973年)
  • コパ・ド・ブラジル優勝 5回(1961年、1962年、1963年、1964年、1965年)
  • コパ・リベルタドーレス優勝 2回(1961年、1962年)
  • インターコンチネンタルカップ優勝 2回(1962年、1963年)
  • 北米サッカーリーグ優勝 1回(1977年)

個人

  • FIFAワールドカップ・最優秀若手選手賞 1回(1958年)[208]
  • サンパウロ州選手権得点王 11回(1957年、1958年、1959年、1960年、1961年、1962年、1963年、1964年、1965年、1969年、1973年)
  • 南米年間最優秀選手賞 1回(1973年)
  • BBC選定年間最優秀スポーツ選手(1970年)
  • アメリカ合衆国サッカー殿堂(1993年)
  • 大英帝国勲章(1997年)
  • 国際連合児童基金選定20世紀最優秀サッカー選手(1999年)
  • タイム誌選定20世紀の最も影響力のある100人(1999年)
  • 20世紀の偉大なサッカー選手100人 1位(ワールドサッカー誌選出 1999年)
  • 国際サッカー歴史統計連盟 (IFFHS) 選定20世紀最優秀サッカー選手(1999年)
  • 国際サッカー歴史統計連盟 (IFFHS) 選定20世紀最優秀南米サッカー選手(1999年)
  • 国際オリンピック委員会 (IOC) 選定20世紀最優秀アスリート(1999年)
  • 国際サッカー連盟 (FIFA) 選定20世紀最優秀サッカー選手(2000年)
  • ローレウス世界スポーツ賞・生涯功労賞部門 (2000年)
  • FIFA 100 (2004年)
  • BBC年間最優秀スポーツ選手生涯功績賞(2005年)
  • バロンドール特別賞(2014年)



マラドーナ



代表

  • FIFAワールドユース選手権:1回(1979)
  • FIFAワールドユース選手権最優秀選手:1回(1979)
  • アルゼンチンの旗 アルゼンチン代表
  • FIFAワールドカップ:1回(1986)
  • FIFAワールドカップ最優秀選手:1回(1986)
  • アルテミオ・フランキ・トロフィー:1回(1993)

クラブ

  • アルゼンチン・リーグ得点王:2回(1978メトロポリタン、1979メトロポリタン、1980メトロポリタン、1979全国リーグ、1980全国リーグ)
  • アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ
  • アルゼンチン・リーグ得点王:1回(1981全国リーグ)
  • アルゼンチン・リーグ:1回(1982)
  • スペインの旗 FCバルセロナ
  • コパ・デル・レイ:1回(1983)
  • コパ・デ・ラ・リーガ:1回(1983)
  • スーペルコパ・デ・エスパーニャ:1回(1983)
  • イタリアの旗 SSCナポリ
  • グエリン・ドーロ:1回(1985)
  • コッパ・イタリア:1回(1986-87)
  • セリエA:2回(1986-87、1989-90)
  • セリエA 得点王:1回(1987-88)
  • UEFAカップ:1回(1988-1989)
  • スーペルコッパ・イタリアーナ:1回(1990)

個人

  • 南米年間最優秀選手賞(エル・ムンド紙):6回[112](1979、1980、1986、1989、1990、1992)
  • 記者選出アルゼンチン最優秀サッカー選手賞:4回(1979、1980、1981、1986)
  • 記者選出アルゼンチン最優秀スポーツ選手賞:1回(1986)
  • 世界年間最優秀選手(ワールドサッカー誌):1回(1986)
  • オンズドール:2回(1986、1987)
  • 20世紀の偉大なサッカー選手100人2位(ワールドサッカー誌)(1999)
  • 記者選出20世紀アルゼンチン最優秀スポーツ選手賞(1999)
  • FIFA20世紀最優秀選手[113](2000)
  • ゴール・オブ・ザ・センチュリー[114](2002)
  • ゴールデンフット賞All Time Legend(2003)
  • FIFA 100(2004)


※以上、wikipediaより

なんちゅータイトルの数!こんなの比較出来ません。。



20世紀最優秀選手賞



FIFA公式サイトによって行われた「20世紀最優秀選手賞」。これはインターネットでの投票によって行われた。

マラドーナが圧勝


その結果、1位ディエゴ・マラドーナ(53.60%)、2位ペレ(18.53%)という大差がついてしまったのだった。これはインターネットの人口が若い人が多く、ペレのプレーを実際に見たことがない人が、たくさんいたからと言われている。


サッカー関係者からの投票はペレが圧勝


ペレは、サッカー関係者による投票では72.25%の投票率を得て2位のアルフレッド・ディ・ステファノと3位のマラドーナを上回ったものの、マラドーナの圧勝に終わった。

マラドーナは上機嫌で「ペレなんぞは、FIFAの操り人形みたいなもんだからな」と発言。

さすがのペレも、そのコメントに怒り「あいつはいくつW杯を取ったって言うんだ。俺はペレだぞ!」と反発したのだ。

2人の対決に困ったFIFAは、「20世紀最優秀選手」をマラドーナへ、「FIFA選定20世紀最優秀選手」をペレが選ばれた。



ここでは、マラドーナ?でしょうか。。



20世紀の偉大なサッカー選手100人


英「ワールドサッカー」は、読者投票による「20世紀の偉大なサッカー選手100人」を選んだ。

結果は1位ペレ(5,499pt)、2位マラドーナ(3,949pt)という結果になった。
※3位クライフ、4位ベッケンバウアー、5位プラティニ


まとめ



いかがでしたでしょうか。数字やタイトルだけを見ると、やはりペレの方が上という感じでしょうか。

しかし、時代が違いますし、あくまで数字なので一概には言えないですよね。


一つ言えるのは、ペレとマラドーナのプレーを生で見てみたい!というところですね。

シェアをしていただけると嬉しいです!



ツイッター&RSSで更新情報を配信しています。


follow us in feedly



関連記事

スポンサーリンク




コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。