Soccer Hack Blog -サッカーハック- TOP  >  スポンサー広告 >  サッカー日本代表 >  日本代表vsブルガリア代表観戦が3倍楽しくなるポイント

スポンサーサイト

   [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク




シェアをしていただけると嬉しいです!



ツイッター&RSSで更新情報を配信しています。


follow us in feedly



スポンサーリンク




日本代表vsブルガリア代表観戦が3倍楽しくなるポイント

nihon vs brugaria


サッカー日本代表が6月4日にブラジルW杯アジア最終予選・オーストラリア戦(埼玉スタジアム)向けた
調整試合となる日本vsブルガリア(豊田スタジアム)が5月30日に行われる。


ポジションは4-2-3-1で、スタートはいつものメンバーなのは決まりだろう。

  
気になるのは本田不在のトップ下や今回初招集された新鮮力のFW工藤壮人とMF東慶悟のことではないだろうか。そのあたりも含め個人的な見どころをまとめてみた。





■1.トップ下は中村憲剛を起用か?もしくは香川真司か?


いつものメンバーと言ったが、本田圭佑がCSKAモスクワでの試合があるためにブルガリア戦に関しては出場が出来ないので本田のところ(トップ下)には中村憲剛の起用が妥当なところだろうか。

もしくは香川真司がトップ下に入り左に乾貴士という選択も考えられるが、是が非でもオーストラリア戦でブラジルW杯の出場を決めてしまいたい日本としては、ザックジャパンでトップ下での実績・安定感がある、憲剛を起用するのではないかと私は思う。

ただ、かのマンチェスター・ユナイデットの選手である香川真司が最も力を発揮出来るトップ下で起用しないのは違和感があり、サッカーファンが酒のつまみの話題に持って来いの議論ではあるがその話題に関しては今回触れないでおこう・・・


###本当は触れたいです(笑)、マンチェスター・ユナイデットでファン・ペルシーやチチャリートを
###抑えて、5月の月間MVPにも輝いているなど調子も良さそうですしね。


ドイツカップの決勝戦があるシュツットガルト岡崎慎司のポジションには清武弘嗣の先発出場はほぼ決まりだろう岡崎とはタイプの違う選手だが、もはや全くもって問題なくプレイをしてくれるはずだ。




■2.2人のFW+1


2人のFWだが前田遼一とハーフナー・マイクの2人だ。

今季Jリーグではわずか2得点の前田に比べ、方やフィテッセでサイドやトップ下で起用されながらもエールディビジで11得点と結果を出したハーフナー。この2人の起用にも注目は集まりつつあるのではないだろうか。

現在の調子や結果だけを見ればハーフナーの先発起用がいいのでは?とも思えるが、ザックジャパンでは2列目(4-2-3-1の3の部分)のタレントが本田・香川をはじめ豊富で得点を取れるプレイヤーが多い。2列目のタレントの多さは日本全体にも言えますね。


この2列目のタレントを活かせるようなポストプレイも求められ、そのあたりの活かし方は前田に分があるように思う。本来は得点力も高い選手ですし、ザックジャパンでの実績からいうとまだ前田の方がザックからの信頼は厚いのではないだろうか。

ブルガリア戦でのハーフナーは後半途中からの出場が濃厚だが調子が良いため得点やアピールは十分期待できそうだ。



「+1」については下記で紹介しよう。




■3.新戦力を試す(個人的に1番楽しみである)


固定しつつあるメンバーの中で今回新たに2人のメンバーが選ばれたFW工藤壮人とMF東慶悟だ。
2人の招集によってJリーグでプレーする若い選手のモチベーションが高まったのは間違いない。


kudou.jpg

柏レイソルの工藤は今回初招集であり23歳、現在得点ランク4位タイでリーグ戦12試合8得点とACLでも8試合で5得点と絶好調である。フィニッシュも多彩で、おそらくザックは工藤の決定力と今後の伸びしろに期待しているはずだ。

2試合でチャンスはおとずれる可能性は十分にあるので、代表に残れるかどうかはチャンスを物にするかどうかにかかっている。現時点で工藤が2人のFWに割って入るかどうかは未知数だがチームに溶けこみ、戦術を理解していけばブラジルW杯本線では大いに期待できる選手である。

ただ・・
工藤は29日には広島とのリーグ戦があり、代表合流が30日のブルガリア戦当日になってしまうため、過密日程の中での疲労や、連携に不安が残る。




hiashi.jpg

もう1人の新戦力である東慶悟は22歳。2012年ロンドン五輪代表の中心メンバーの一人で今季大宮アルディージャからFC東京に移籍し著しく成長した選手だ。今季得点は2点、攻撃的MFとして多くはないがチャンスに絡む回数が多い。ポジショニングと運動量に定評があり特筆すべきは非常に守備が献身的な点ではないだろうか。

ザック監督は「本田不在も考えて東の名前がある」とのことだが本田とはタイプが異なる選手なので起用法にも注目したい。




■4.最後に今後即戦力としての期待選手は・・・


私個人的にはC大阪の柿谷、浦和の原口、去年のJリーグ新人王鹿島の柴崎あたりが、代表に選ばれて活躍している姿がみたいものだ。


スポンサーリンク




シェアをしていただけると嬉しいです!



ツイッター&RSSで更新情報を配信しています。


follow us in feedly



関連記事

スポンサーリンク




コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。