スポンサーサイト

   [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク




シェアをしていただけると嬉しいです!



ツイッター&RSSで更新情報を配信しています。


follow us in feedly



スポンサーリンク




サッカートリビアその3

元パラグアイ代表のGKチラベルトはハットトリックを達成したことがある


PKやFKを決めるゴールキーパーとして有名で1999年にサッカー史上初のゴールキーパーの選手によるハットトリックを達成した。(3点ともPKに)


・・・




スポンサーリンク



世界最優秀ゴールキーパーに2度選ばれるなどゴールキーパーとしても優秀であった。
ちなみパラグライ代表として74試合に出場し8得点している。




サッカー解説者の松木安太郎は堀越学園卒業である


読売クラブでの練習が多忙になったため暁星高校から堀越高等学校に転校。芸能コースを選択し芸能人と一緒に勉強しながらクラブの練習に参加していた。




ゴン中山こと中山雅志は 試合開始から3分15秒でハットトリックを達成したことがある


アジアカップ予選の対ブルネイ戦において試合開始3分15秒でハットトリックを記録。またJリーグで4試合連続でハットトリックをしたことがありギネスブックに掲載された。




ゴン中山の「ゴン」の由来


ゴンの愛称は大学時代につけられたもので当時、海外遠征中の不摂生で太ってしまった中山の顔立ちがTV番組「オレたちひょうきん族」でビートたけしが演じたキャラクター「鬼瓦権造」に似ていたが由来。中山が大学時代生活していた寮の狭い部屋には大きなタンスがあったため(中山によれば、それ自体は事実)、「タンスに…」の連想から「ゴン」のあだ名が付いたという異説もあるが、これは後付け的説と言われる。




異なる3つの国を代表してワールドカップに出場した選手がいる


現在のFIFAのルールでは一つの国の代表として試合に出場してしまうと他の国の代表としては試合に出場できなくなってしまいますが、長友の同僚であるインテル所属のデヤン・スタンコビッチは政治的な理由でユーゴスラビア、セルビア・モンテネグロ、セルビア代表と初めて3国の代表としてワールドカップに出場した。




セリエAで無敗でシーズンを終えたが優勝出来なかったチームがいた


78-79シーズンのセリエAにおいては30試合11勝19分という成績でシーズン無敗記録を残しているが、このシーズンはACミランが優勝し最終順位は2位であった。11勝でも負けなければ2位になれるんですね・・。




リーガエスパニョーラのチームに多い「レアル」とは・・?


レアル・マドリード、レアル・ソシエダ、レアル・サラゴサなど・・。「王の」とか「王室の」という意味でスペインの国王に認められれば国王直々にレアルの称号をもらえる。
ちなみに最初に「レアル」称号を頂いたのは「レアル・ソシエダ」だそうです。


シェアをしていただけると嬉しいです!



ツイッター&RSSで更新情報を配信しています。


follow us in feedly



関連記事

スポンサーリンク




コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。