Soccer Hack Blog -サッカーハック- TOP  >  スポンサー広告 >  サッカーランキング  >  得点ランキング >  サッカーワールドカップ通算得点ランキング

スポンサーサイト

   [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク




シェアをしていただけると嬉しいです!



ツイッター&RSSで更新情報を配信しています。


follow us in feedly



スポンサーリンク




サッカーワールドカップ通算得点ランキング

ワールドカップ通算得点ランキング

☆は得点王



スポンサーリンク



1位 15得点 ロナウド(ブラジル)

1998年4得点、☆2002年8得点、2006年3得点
FCバルセロナ、インテル・ミラノ、レアル・マドリード、ACミランといったビッグクラブでプレーしそれぞれのクラブでタイトルを獲得した。個人としてもFIFA最優秀選手賞を3度、バロンドールを2度受賞。ちなみにブラジル代表通算62得点は77得点のペレに次ぐ第2位である。


2位 14得点 ゲルト・ミュラー(西ドイツ)

☆1970年10得点、1974年 4得点
驚異的な数の得点を量産し「爆撃機」と呼ばれた。彼以降1大会で二桁得点を挙げた選手はいない。抜群の得点感覚とポジショニングで泥臭いゴールを得意とし、どんな体勢からでもゴールを奪った。


2位 14得点 ミロスラフ・クローゼ(ドイツ)

2002年5得点、☆2006年5得点、2010年4得点
ドイツ代表での出場試合数も得点数も歴代2位である。2002年ワールドカップでの5得点は全てヘッドによるものだった。またフェアプレー精神の持ち主で自らPKとなるファールを受けたが「自分が倒れただけで、PKではない」と審判へ伝え取り消しさせたことがある。


4位 13得点 ジュスト・フォンテーヌ(フランス)

☆1958年13得点
1大会最多得点のワールドカップレコードである13得点を記録。ちなみ全試合で得点した。


5位 12得点 ペレ

1958年6得点、1962年1得点、1966年1得点、1970年4得点
15歳でデビューしてから1977年に引退するまで通算1363試合に出場し1281得点を記録。
「サッカーの王様」「20世紀最高のサッカー選手」「サッカー史上最高の選手の一人」

王様ペレに関しては説明不要と判断しました。他に言葉はいらないですよね?^^;

プレースタイルは、ペレ自身の言葉で。

「得点数だけを見て純粋なセンターフォワードと評するものもいるが、そうではない。私は攻撃的MFであり、守備範囲の広いセンターフォワードだった。」

--ペレ


6位 11得点 サンドール・コチシュ(ハンガリー)

☆1954年11得点
5試合で11得点という驚異的な得点力で得点王となった。177cmと決して長身ではないがヘディングを得意とし「黄金の頭」という異名を取った。当時マジック・マジャールと呼ばれ無敵を誇ったハンガリー代表の中心選手の一人であった。


6位 11得点 ユルゲン・クリンスマン(西ドイツ)


1990年3得点、1994年5得点、1998年3得点
黄金の隼とも呼ばれたドイツのストライカー・クリンスマン。なんでもないゴールを外してしまう一方で、信じられないようなスーパープレーを何度となく見せるファンに見応えを与えた選手である。また、謙虚かつ慈愛に満ちた選手で、端正な容姿も加わりたくさんのファンから愛された。


8位 10得点 ヘルムート・ラーン(西ドイツ)

1954年2得点、1958年8得点
現役時代はパワーに優れた選手で強烈な突破力を武器にとしていたため「ブルドーザーと呼ばれた。またはその強いリーダーシップから「ボス」。余談だが引退後は自動車のセールスマンとして活躍。


8位 10得点 テオフィロ・クビジャス(ペルー)

1970年5得点、1978年5得点
ペルー史上最高の選手に選出されており、1972年にはコパ・リベルタドーレスで得点王になり南米年間最優秀選手賞を受賞した。
また「過去50年の南米ベストイレブン」に選出されている。


8位 10得点 グジェゴシ・ラトー(ポーランド)

☆1974年7得点、1978年2得点、1982年1得点
ポーランド代表初のワールドカップ得点王。指導者を経て、後に政治家も務めている。


8位 10得点 ゲーリー・リネカー(イングランド)

☆1986年6得点、1990年4得点
Jリーグに所属した初のワールドカップ得点王。
20年間の現役生活でイエローカード・レッドカードを一度ももらったことが無いという逸話があり、1991年には「FIFAフェアプレー賞」を受賞している。
名古屋グランパス時代にチームメイトであったストイコビッチが唯一10番を譲った選手。


8位 10得点 ガブリエル・バティストゥータ(アルゼンチン)

1994年4得点、1998年5得点、2002年1得点
バティゴールと言われる強烈なシュートが武器の獅子王。セリエAの外国人最多通算得点記録とアルゼンチン代表の歴代得点記録も保持している。また、日本代表が初めてワールドカップで得点を奪われた選手である。



その他の主な有名選手について

9得点
ウーベ・ゼーラー(西ドイツ)
エウゼビオ(西ポルトガル)
パオロ・ロッシ(イタリア)
カール・ハインツ・ルンメニゲ
ロベルト・バッジオ(イタリア)
ヴィエリ(イタリア)

8得点
ディエゴ・マラドーナ(アルゼンチン)
リバウド(ブラジル)

シェアをしていただけると嬉しいです!



ツイッター&RSSで更新情報を配信しています。


follow us in feedly



関連記事

スポンサーリンク




コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。