Soccer Hack Blog -サッカーハック- TOP  >  スポンサー広告 >  サッカー日本代表  >  本田圭佑 >  人生で壁にぶち当たったときに、前へ進めるだろう本田圭佑の名言がすごい!!

スポンサーサイト

   [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク




シェアをしていただけると嬉しいです!



ツイッター&RSSで更新情報を配信しています。


follow us in feedly



スポンサーリンク




人生で壁にぶち当たったときに、前へ進めるだろう本田圭佑の名言がすごい!!

本田圭佑2


サッカー日本代表の大エース「本田圭佑」。

ビックマウスで有名な本田ですが、その発する言葉は名言として有名なものがたくさんありますよね。


その名言の中から

もしあなたが仕事、恋愛、スポーツなどで大きな壁にぶち当って悩んでいたり、これからの人生において迷ったとき」に

前へ進むことができるであろう本田圭佑の名言を厳選しました。




スポンサーリンク




本田圭佑による名言


本田圭佑3


「何で他人が俺の進む道を決めんねん。自分の道は自分で決める。」



「壁があったら殴って壊す。道が無ければこの手で作る」



「挫折は過程。最後に成功すれば挫折は過程に変わる。だから成功するまで諦めないだけ」



「一年後の成功を想像すると、日々の地味な作業に取り組むことが出来る」



「現実を認めたくない自分がいて、現実を受け入れろという自分もいる。

現実を認めなければ、今を生きることができないですから」





本田圭佑7


「オレの人生は挫折の連続なんです。でもそこから這い上がろうとして、未知の世界を知ることもある」



「思い立ったらすぐやる事。チャレンジしたいと思ったら今やらないといけない」



「本田圭佑のストーリーは始まったばかり。これからの筋書きは自分で決めること」



「成功へ向けた具体的な道筋が見えたとき、それはもう成功に等しい」



「自分の夢、そんなに簡単に諦められるかって話でしょ」





本田圭佑1


「人って誰しもが、上手くいかなかったときとかに、ちょっと疑うと思うんですね。

その時に、いかに自分を信じることができるか」




「俺なんて全然、天才タイプじゃないし。

それで才能がないから諦めろなんて言われたら、

どんだけの人が一瞬で諦めなきゃあかんねん」



「自分自身をサッカー選手としては凡人だと思っている訳ですよ。

当然ながら壁にぶち当たる事が多かったんで、そりゃ辞めるタイミングはいつでもありますよね。

今だってあるし。でもそんな簡単にね。自分の夢をね。諦らめられないでしょ」





本田圭佑6


「最近、身近な人にウサギとカメの話をよくするんですよ。

日本人は足も遅いし、身体も弱い。そのカメがウサギに勝とうと思ったら、進み続けないといけない。

悩んでいる同級生とかがいたら、それをぶつけますね。

『どうやったら勝てるか考えろ。進み続ける以外にないやろう』って」





「何でもスムーズに上に行くことはないと思うし、一度や二度の挫折は誰にでもある。

一番重要なのは、その挫折から立ち直れるか、立ち直れないかだと思う」





「大事なのはね、現状を自分でどうとらえるか。

これまでずっと自分を奮い立たせてやってきたし、いろんな面から困難に向かうことを経験してきた。

どんな壁にぶち当たっても、絶対に越えてやろうと思っている。」





本田圭佑5

「世界一になるには世界一の努力が必要だ」

本田圭佑







オススメ記事
サッカー日本代表の香川真司は本田以上にビッグマウス!?おもしろいくらい強気な発言を連発していた
ロナウジーニョの超絶テクニックだけを集めた動画が凄すぎる!

シェアをしていただけると嬉しいです!



ツイッター&RSSで更新情報を配信しています。


follow us in feedly



関連記事

スポンサーリンク




本田のメンタリティーを手に入れられるだけでも、格段に成功できる可能性を秘めた人間は世の中に沢山いそうだ。

それはそうと「壁があったら~」はグレンラガンの台詞なんだが未だに本田の台詞として紹介されてしまってるんだよなぁ
[ 2013/12/26 09:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。