Soccer Hack Blog -サッカーハック- TOP  >  スポンサー広告 >  サッカー日本代表  >  香川真司 >  香川真司、少年時代の素敵なエピソード

スポンサーサイト

   [ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク




シェアをしていただけると嬉しいです!



ツイッター&RSSで更新情報を配信しています。


follow us in feedly



スポンサーリンク




香川真司、少年時代の素敵なエピソード

香川真司いい話
[写真=Goal.com]


香川真司に関する、少し素敵なイイ話をご紹介します。



スポンサーリンク



livedoorニュースから一部抜粋した内容となっております。




25日放送、フジテレビ「ライオンのごきげんよう」では、サッカー解説者・永島昭浩氏が出演。マンチェスター・ユナイテッドで活躍し、世界的トッププレーヤーたちの仲間入りを果たした香川真司の少年時代について、あるエピソードを語った。


番組お馴染みのサイコロトークにより、「ザンネンな話」をすることになった永島氏は、「私の息子が、今年20歳になるんですけど。高校までは(父に)気を遣ってサッカーをやってくれていた。今はやってないですけど・・・」と切り出す。


すると永島氏は、「小学校の時に一緒に(息子と)チームメイトだった子が、近所の公園でサッカーをやっていたんです。サッカーをやっている時に、近所の3つか4つ上のお兄ちゃんが“みんな集まって”ってまとめてくれて、スクールでもなんでもないのに、サッカーを教えてくれてた」と続けた。


「結局その子が一番うまくて、テクニックもあって。ゴールキーパーまで抜いてシュートを決めようって時に、必ず低学年の子供たちにシュートを打たせてあげる。それで(子供たちが)サッカーをすごく好きになって、“絶対Jリーガーになろう”って思ってたんですって」と話した永島氏は、「ある時、みんなが中学生くらいになって、パッとJリーグの試合を見てたら“あっ、お兄ちゃんだ”、“(サッカーを)教えてくれたお兄ちゃんだ”って見つけて。その選手がなんと香川真司選手だったんです」と明かした。


これには、スタジオから「ええぇー」という声が挙がり、司会の小堺一機も「なんて素敵な話なんだ」と驚いたが、永島氏は「チームメイトの友達は、(香川に)教えて貰ったから今も頑張ってサッカーやってるんですけど、残念なことにうちの息子は真司に教えて貰っていないので・・・」とオチをつけた。





いやいや、香川めちゃくちゃイイ奴じゃないですか!

ドルトムントでも、マンUでもチームメイトと仲良くやっていますし、香川の人柄がすごくいいのは明白ですね。


2012-13シーズン、プレミアリーグ所属選手ユニフォーム販売数も堂々3位にランクインしているようですし、人気も高いです。
※ちなみに、1位ファンペルシー、2位ルーニー、3位香川とマンU勢が上位を独占している


日本代表の10番として誇らしいですね。



オススメ記事
12-13シーズンのサッカー移籍金ランキング!香川は何番目に高い移籍金だったのか?!
サッカー日本代表の市場価値をランキング形式で並べたらこうなった


シェアをしていただけると嬉しいです!



ツイッター&RSSで更新情報を配信しています。


follow us in feedly



関連記事

スポンサーリンク




コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。